沖縄 ツアーナース

シングルマザーの看護師って多いの?シングルマザーの理解はありますか?

昔からの家族形態というのはだんだん少なくなっており、シングルマザー、シングルファーザーの割合も増えてきている近頃なので、シングルマザーの看護師は割と多いです。

 

子育てに必要十分な生活費を稼ぐことはなかなか大変なことです。

 

その点、看護師は専門職であり、新人だとしても年収300〜350万ありますから、一般事務職の新人の年収よりはるかに高く、ある程度経験を積んでいれば、十分子育てをしていける年収になります。

 

男女差もありませんし、一生働ける職業でもありますよね。

 

看護師だったからシングルになることを決意出来た、という方もいますし、いずれ離婚を視野に入れて、看護学校に通い、資格を取得した、という方もいます。

 

シングルになってから、助成を利用して看護学校に通い、看護師になった方もいるので、シングルマザーは看護師に多いのかもしれませんね。

 

シングルマザーの大変さは、同じ立場にならないと分からいことではありますが、子育てサポートをしっかりしている病院は、シングルマザーにとっても理解ある職場になると思います。

 

実家に100%頼って女性が仕事をしていたのは、もうはるか昔の話で、今は、子育ては社会で支えていくものに変わってきているので、子育て中の職員に優しい職場は、働いている職員もゆとり持って働いているものです。

 

院内保育園だけでなく、家族寮も完備している病院があります。

 

子育ては一時期のことで、必ず仕事に専念できる時期がまたきますし、小さいうちは子どもが親をとても必要としていて、側にいて欲しい、と思うので、短い時間でも子どもがそう思うときに寄り添えたら、子どもは働くお母さんの姿を誇りに思いながら、大きくなっていくものです。

 

どんな家族形態であっても、安心して子育てして、安心して生活できることが理想社会ですよね。